インプラントとはどんなものでメリットとデメリット

歯が抜けてしまったところをそのままにしておくのは、歯並びが悪くなったり歯茎が痩せてしまったりするので好ましくありません。歯を失ったところを人工の歯で補う方法としてはインプラントがありますが、言葉は聞いたことがあるもののよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

渋谷のインプラントに興味ある方、必見です。

そこで、インプラントのメリットとデメリットをご紹介します。

インプラントとは顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。

顎にしっかりと固定されているので入れ歯のようにぐらつくことがなく、しっかりと噛むことができます。

ほとんど自分の歯のような感覚で過ごせるので、手入れも丁寧に歯を磨きさえすれば特に何かしなければいけないということはありません。
数か月に一度メンテナンスに行くぐらいです。

smanyの口コミや評判を紹介しています。

見た目が本物の歯そのもので審美性が高いのもメリットです。

仙台のインプラントに関するお役立ちコンテンツ満載です。

ではデメリットは何かというと、まず費用が高くつくということが挙げられます。


インプラントは脱毛や美容整形と同じく健康保険が利かない自由診療であり、治療に使用する人工歯根そのものが高価なこともあり、どうしても費用が掛かってしまうのです。

また、顎の骨に人工歯根を定着させるのに期間が必要なため、治療期間も長くなります。そして、外科手術を伴う治療であるため歯科医なら誰でもできるというわけではなく、医師によって技量にも差があります。安易に安いところを選ぶと粗悪な部品を使っているような悪質なクリニックにあたることもあり、注意が必要です。
今はインターネットなどで簡単に情報収集ができる時代ですので、もしインプラントをするのであれば実績のある先生を選ぶと安心です。