「ポンド通貨」は世界で多く使われる通貨の一つです。

ポンドはイギリスの通貨です。

イギリスは先進国と言われる程経済発展している国ですが、イギリスは原油や天然ガスが豊富な資源国でもあります。

ポンドは昔は高金利通貨でしたが、世界的経済不況をもたらしたリーマンショック以降は金利が低い傾向にあります。

また、FXの際の当該通貨の特徴は一日の値動きが大きい通貨です。
FXにおいて利益を出す為には経済指標を見る必要があります。

ポンド通貨の値動きを知る事ができる経済指標は、MPC(金融政策委員会)・BOE政策金利発表・BOEインフレレポート公表・消費者物価指数・GDP(国内総生産)等の経済指標です。



当該通貨は先に説明しました通り、FXの際の一日の通貨の値動きが大きいという点に特徴があります。
そういった意味では当該通貨は投機通貨とも言われており、初心者には非常に読みにくい値動きがあります。


多面で、短期的に値動きがあるので、短期売買を得意とするトレーダーやプロの投資家からは短時間で上手くいけば他の通貨より利益が出しやすいので人気があります。



また、当該通貨の値動きが大きい事からレンジ幅も大きくなるので他通貨で値動きがない相場が続いた時にも利益を出す事が出来る通貨です。

但し、値動きが大きいのでその分リスクがあります。

初心者でもプロでもその点については留意し続ける必要がある通貨です。
当該通貨はアメリカドルの前の基軸通貨としても有名です。



Copyright (C) 2016 FXの際のポンド通貨について All Rights Reserved.