FXの通貨に米ドルがあります。米ドルはアメリカの通貨ですが、米ドルは世界で多く使われている通貨の一つです。



米ドルは別名基軸通貨と言われます。

米ドルは世界各国の貿易等で決済に使う通貨として利用されています。


米ドルは世界の様々な通貨の中でも信用力が強い通貨の一つです。

従って、米ドルの通貨価値の変動は世界で注目されています。

米ドル通貨の変動はアメリカの経済指標等に影響されている部分があるので、アメリカの経済指標等は世界中で注目されています。



FXの世界においても、日本のみならず世界中で米ドルは注目されています。



先に説明した通り、アメリカの経済指標等は米ドルの通貨価値に影響を与えますので、FXを米ドルで行う場合には、アメリカの経済指標を参考にすると良いです。FXの際に見るべきアメリカの経済指標は、政策金利関係指標・雇用関係指標・新規失業保険申請件数・労働市場情勢指数・ADP雇用統計・チャレンジャー人員削減数・NAHB住宅市場指数・住宅着工件数・住宅建設許可件数・新築住宅販売件数・中古住宅販売件数・米四半期GDP(国内総生産)・小売売上高等の指標です。


FXにおいては、政策金利差で稼ぐ事もできますが、アメリカの政策金利は0.50(2016年11月)パーセント程度です。


因みに、トルコ等の新興国の政策金利は政策金利は米ドルより高いです。

トルコ通貨の政策金利が8パーセント・南アフリカ通貨の政策金利が7パーセント(2016年11月)です。

Copyright (C) 2016 FXの通貨米ドルについて  All Rights Reserved.