FXで取り引きを行うと、レバレッジにより少ない資金で大きな取り引きができるようになります。
ですから比較的大きな資金があれば、非常に大きな取り引きを行うことも可能なのです。すると上手くゆけば大儲けすることができますし、上手くゆかなければ大損してしまうことになるのです。
これがFXでの取り引きの基本と言えるでしょう。

ですからFXで大損しないようにするためには、そうした非常に大きな取り引きなどは行わなければ良いのです。



そうすれば大損のリスクは、かなり回避できるはずです。その他に気を付けるべきことは「塵も積もれば山となる」と諺にあるように、小さな損失が積み重なって大きく膨らんでしまうことくらいでしょう。


つまり大損とは、「投資家の適切な資金管理によって防止することが可能である」という結論になるのではないでしょうか。

その是非はともかくとして、実際に大損を抱えてしまう人の典型的なパターンとしては、一攫千金を狙って大きな取り引きを行ってしまうケースが多いことは間違いないでしょう。
たとえば百万円をレバレッジ25倍で運用して、短時間のうちに百数十万円に殖やそうと大胆に勝負するようなケースです。

そんなケースでは、確かに勝てば数十万円の利益が手に入ります。
しかし負ければ逆に数十万円の損失となります。

そんな負けが二回も続けば、あっと言う間に市場から撤退しなければならなくなることでしょう。
投資で大切な心得の一つに、大損しないように常に注意することがあります。



とにかく大損には気を付けましょう。



Copyright (C) 2016 FXの大損は自分で防ごう All Rights Reserved.