日本ではFX取引が異常といっていいぐらいの人気となり大きく盛り上がりました。
その理由はいくつか考えられますが、まずは、日本が急激に超低金利国の仲間入りをしたということが考えられます。
少し前までは年間で数パーセントの金利は当たり前のようにあったのですが、今では限りなくゼロに近い金利となっていて、さらにそれは進んでマイナス金利といわれるようなものまで導入されているような状態です。

FX取引ではスワップポイントという金利差分をもらうことが出来る仕組みがあり、高金利国の通貨を買うと、かなりの金利差となりこれだけで年間数パーセントものスワップポイントをもらうことが出来るケースもあり、これが異常といわれるほどの人気に火をつけたと考えられます。



急激に低金利となったことで、他に魅力的な金融商品がなくなったということが大きな要因と考えられます。

FXではレバレッジがかけられるということや、取引時間が長く夜間でも取引が出来るということも魅力の一つとしてあったと考えられますが、このスワップというものが大きく人気を獲得する要因となったのは間違いないでしょう。



あまりにも人気になり過ぎて、日本の女性が世界市場を動かすほどになり、ミセスワタナベという言葉が生まれるほどに世界に衝撃を与えるものともなりました。


これだけ、人気となった理由はやはり超低金利政策で他に魅力的なものを見つけられなくなった人たちがFXに殺到したということなのでしょう。



Copyright (C) 2016 日本でFXが盛り上がった理由 All Rights Reserved.