FXの取引方法の1つにデイトレードのような短期取引があります。


これはポジションを保有した日に決済を行い、翌日まで持ち越さない取引方法です。

FXは24時間、いつでも取引できるメリットがありますが、睡眠中などに相場に変動が起きて損することもあるのでデメリットにもなります。

しかし、短期取引であれば決済を済ませているので、このようなタイミングの相場変動で損する心配がありません。


デイトレードと言っても、実際の取引は数分から数時間程度になります。

この間はチャートを見て決済のタイミングをうかがうため、パソコンの前に張り付く形になります。


短期取引の場合は決済の回数が多くなるため、スプレッドが狭い業者を利用します。

FXは長期保有することで金利による利益を得る取引方法もあります。

この場合は金利差を表すスワップが高い業者を利用します。



ロスカットが発生しないようにポジションを持ち続けることが重要であり、頻繁に決済することはないので取引に要する時間は少なくなります。

ただし、長期保有の場合でも相場の傾向を掴むことは重要なので、毎日チェックしておきましょう。



多少の相場の下落であれば金利を積み重ねることで帳消しにできますが、下落が続く見通しであればポジションを持ち直すことも検討が必要です。

なお、スワップの高い通貨は相場の変動が大きいため、ロスカットが発生しないようにレバレッジは抑えましょう。自分の判断で取引する自信がない場合はシステムトレードによる自動売買を利用できます。

いくつかある取引のルールから選ぶだけなので、特別な知識は必要ありません。

ただし、利益が保証されるものではないことは理解しておきましょう。



Copyright (C) 2016 FXにはどのような取引方法があるか All Rights Reserved.