FXとは外国為替証拠金取引ですが、FXは株式投資のような企業の決算情報や業績の分析など複雑な検討材料がなく、通貨が上がるか下がるかという単純なものであり、チャートの動きと価格変動を及ぼすファンダメンタルズに注意して投資すれば良いため、比較的簡単に取り組める投資となります。FXにはレバレッジという方法があり、手持ち資金の最高25倍まで掛けられ、少ない資金で大きな資金回収を行う投資方法もあります。

しかしこの方法はハイリスクハイリターンとなるため、初心者には向きません。



FXで大きな資産形成をした人は、初期投資で損失が続いているケースが多く、逆に初期投資で勝ちが続いた人の場合、何らかの相場下落要因で大きく損失を出して、そのまま市場から退場してしまう人もおられます。


相場である以上、勝つか負けるかの勝負です。

負けて回収される資金は勝った人が回収しています。投資で大きく儲けることを目論む人は、投資をギャンブルと間違えています。

相場が底堅い時、勝ちが続くのはビギナーズラックです。

勝つと、さらに勝利欲が強くなり、次々に投資額を膨らませます。
逆に負ければブレーキがかかります。



堅調な相場で勝ちが続けば、強気の投資スタイルとなり、投資初期のマインドが損なわれます。

しかし、相場には必ず波があり、上がればのちに下がる、下がればのちに上がる、満潮の後の干潮というようにリズムがあります。



永遠に上がり続ける相場はありません。利益確定やロスカット、一回の投資資額、レバレッジの倍率などルールを決めて投資に取り組み、必ず守りのスタイルで投資に挑みましょう。

Copyright (C) 2016 FXで利益を出すにはルールを決める All Rights Reserved.